公共料金 クレジットカード

公共料金をクレジットカードで支払う

水道やガスなどの公共料金を、クレジットカードから支払っている人がふえています。公共料金をクレジットカードで支払うとどんなメリットがあるのでしょうか。公共料金の支払い方法には、この他、コンビニ払いや、口座振替といった方法があります。口座引き落としよりもクレジットカードで支払う方がポイントがたまる分だけお得です。公共料金を口座引き落としで払った場合はポイントになりませんが、クレジットカードは支払金額が高いほどポイントが入ります。クレジットカードで公共料金を支払い続けている限り、支払金額の0.5%〜1.5%がポイントになります。家によって公共料金にかかる費用は異なるでしょうが、少なくとも4万円くらいの支払いをしているのではないでしょうか。年間50万円程度になるので、1.5%還元されたらかなり大きな金額ではないでしょうか。毎月お金が引かれていく口座引き落としも便利ですが、延々とお金を払い続けるだけです。クレジットカードで支払うようにすれば、還元される分得をするのでおすすめです。全ての公共料金がクレジットカードに対応しているわけではなく、自治体ごとに異なっているため、自分で確認することが大事です。クレジットカード払いが可能な公共料金があったら、優先してカード払いの手続きをしましょう。

公共料金をクレジットカードで払うメリット

近年では、クレジットカードからの引き落としで公共料金が払えるようになりりましたが、その長所とどんなことでしょう。クレジットカード利用者にとっての一番のメリットはポイントが貯まることです。普通にクレジットカードを使えばポイントが入りますが、時間がかかります。毎月必ず支払う公共料金をクレジットカードで支払うようにすれば、かなりの額になるはずです。気づかないうちにポイントが加算されていくことが、クレジットカードを使う長所です。ゴールドカードのような、ポイント還元率が2倍のカードであればより利点は増します。カードでまとまった金額を支払うと、そのぶんポイントが多く入るクレジットカードもありますので、色々調べてみるといいでしょう。毎月のように支払う必要があるのが公共料金ですが、コンビニや銀行での振込みだとわざわざ出かけなくてはなりません。月々の支払いにわざわざ出向かずともよくなりますし、払い忘れもなくなることがクレジットカード払いの長所です。公共料金をクレジットカードで支払うようにすると、クレジットカード会社からくる明細で家計の管理をすることもできます。クレジットカード会社の明細表をまとめて見ることで、月々の支出をわかりやすく管理することが可能です。クレジットカードで公共料金を支払うことにはたくさんの利点がありますので、ぜひ活用していきましょう。

公共料金をクレジットカードで支払う場合の注意点

公共料金の支払い手段として、クレジットカードが選択できるところは少なくありません。クレジットカードの扱いで注意点は何でしょう。クレジットカードで公共料金を支払う場合の一番の注意点は、口座自動振替の場合に適用されていた口座割引制度が利用できなくなることです。口座割引制度は、自治体にもよりますが、電気代や水道代に対してあてはまります。両方を口座振替からクレジットカード払いにした場合には負担が増えることになります。割引はありませんが、ポイントは入ります。どちらが有利かは、カードの種類と自治体によって違います。ただし、口座振替を利用しても割引がされていない場合もありますので、そういう時はクレジットカードの方がお得です。口座振替とクレジットカードを比較した場合、クレジットカードのサービスの内容によってどちらがいいか違います。基本的には年会費が無料でポイントが1%以上のものであれば得をするでしょう。もしも公共料金の支払いが高額なら、クレジットカードを使った方が得ができるでしょう。公共料金の支払をクレジットカードでする場合には、すべての支払を同じクレジットカードにまとめることが大切です。別々のクレジットカードで支払いをしていても、いつまで経ってもポイントが少ないままです。クレジットカードで公共料金の支払いをする時には、適切な支払い方をしましょう。

 

サイトマップ